~農林水産業の支援に関する事業~

農業を主な産業とする佐那河内村では、シカ、イノシシ、サル、カラスによる農作物への被害額は推計で年間約500~800万円にのぼります。一般財団法人さなごうちでは、村の農業を守るため、徳島県猟友会青年部と連携し、ハンティングスクールの開催など全国的に減少する狩猟者の育成に取り組んでいます。

現在財団の職員で有資格者は少数ですが、今後も事業継続のため資格取得者の増加を目指しています。