~移住・定住・交流の促進に関する事業~

〇移住・定住に関する事業

佐那河内村は、県庁所在地である徳島市に隣接し、約2,300人(令和2年4月時点)の小さな村です。市内へ車で約20分程度の非常に便利な立地でありながら、豊かな自然や昔ながらの里山の風景が多く残されています。

一般財団法人さなごうちでは、村役場の設置する移住交流支援センター及び空き家バンクの管理委託を受け、村内への移住希望者に向けて相談業務を行っています。


〇お試し居住施設「幸家」

村内に移住を希望する人を対象に、短期間居住体験ができる「幸家」の運営を行っています。



〇交流に関する事業

令和2年度、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、人の移動が制限され、従来通りの交流が制限される状況になりました。一般財団法人さなごうちでは従来からの交流を継続するため、オンライン会議システムを導入しました。

Zoomを利用して、すだち料理教室やリース作り講座を県外の団体と行っています。