村のご当地サイダー
お知らせ

地域交流拠点「新家」では、7月より「鳥焼処鳥ぼん」様と連携し、ご当地サイダー「村のソーダ水」を販売します。
村のソーダ水」は、佐那河内村の特産品であるすだち(摘果)を使用しています。

〇価格
 1杯200円
 ※冷凍摘果すだち単品での販売も行っています。(500円)

摘果すだちとは
 新鮮で質の良いすだちを連年生産するために、結実したすだちの一部を幼果のうちに間引いていきます。数を減らすことで栄養を集中させ、果実を増やし、大きく育てることができます。
 摘果作業を効率良く行うと、花や実の収穫量、大きさをコントロールできるようになり、より質の良いすだちを楽しむことができます。
 間引きされたすだちの中に果実は入っていませんが、その分香りが引き立ちます。